スマホで老眼になる原因【事前に増えげる対策】

ニュース一覧

最近多い目の病気

ウーマン

知っておくべきこと

近年見られるようになった病気の一つにスマホ老眼という病気があります。スマホ老眼とはスマホが現れてから出てくるようになった言葉でもあります。症状としては老眼と似ていますが、完全に同じというわけではありません。スマホ老眼とはスマホを長時間見続けて目を酷使し老眼に似た症状を呈することです。例えば、身体に現れる症状として肩がこる、目が凝る、頭が重いといった症状です。また、スマホから目を離した時ピントを合わせることができず遠くのものがぼやけて見えたり見えなかったりしてしまいます。年齢としては二十代がより多く三十代も多くなってきています。近年では小さいことからスマホと隣り合わせの生活なため幼い子供もスマホをいじるようになり、スマホ老眼の年齢は下がりつつあります。このスマホ老眼を繰り返し起こしてしまうと普通に四十代から始まってくる老眼を早めてしまうという危険が高まります。原理はパソコンの時の目の疲れ疲労感と同じようですが、危険度は高いと言われています。なぜならこれはパソコンと違って自分の顔により近い場所で画面を見てしまうからです。また注意しておかない地、メールチェック、読書、映画鑑賞などを気軽に行えるのでなんでもスマートフォンでやってしまいます。そのため使用時間が長くなり、目に負担がかかるのです。症状が重くなってくると睡眠障害や自律神経の乱れなどが起こってきます。そのため普段の生活の中で気をつけておかなければいけません。