スマホで老眼になる原因【事前に増えげる対策】

ニュース一覧

実視力より+2度の眼鏡

目

安いものでOK

スマホ老眼は、加齢による老眼と同じように近くが見えにくくなりますが、20代や30代などの若年層に現れるのも特徴です。多くの場合は、一時的な症状で、目の周辺の筋肉が緩和されれば元の視力に戻ります。しかし、繰り返し症状が現れることによって、老眼が進んでしまうこともあります。もしも、スマホ老眼のような症状が現れた場合は、眼鏡で矯正することが可能です。特別高い眼鏡を作る必要はなく、100円ショップなどで売っているもので十分ことは足ります。選び方は、自分の視力を測定したうえで、+2度の老眼鏡を選びます。そして、その眼鏡をかけたまま、3メートルほど離れたポスターや景色などを5分程凝視しましょう。眼鏡をかけると、視界がはっきりせず霧がかかったようになります。しかし、それこそがスマホ老眼を改善するために必要な状態なのです。わざと視力の合わない眼鏡をかけ、焦点が合わない状況を作り出すと、ピントがリセットされます。それにより、目の周りの筋肉がリラックスして、ピントの調節ができるようになります。眼鏡をはずしてスマホの画面を見てみると、遠くに離さなくても、綺麗に文字が見えるようになるでしょう。このように、老眼鏡は視力を矯正するだけでなく、スマホ老眼そのものを改善することもできるため、上手に活用することが大事です。それでも改善できなかった場合は、眼鏡ショップで視力を測定してもらい、自分に合った眼鏡を作るようにしましょう。