スマホで老眼になる原因【事前に増えげる対策】

ニュース一覧

目を大切にしましょう

ウーマン

視力低下を防ぐには

人間は目から多くの情報を得ていますが、年齢とともに視力が衰えてしまったり目の酷使によって目を悪くしてしまったりすることがあります。少し前までは年を重ねていくと老眼になり徐々に視力が低下してしまうのが一般的でしたが、最近では若い人でも視力が悪くなってしまう人が多くなっています。その原因に一つとして挙げられているのが携帯電話やスマートフォンの過剰利用です。人間の目は近くのものを見るときと遠くのものを見るときで目の中の筋肉の動かし方が変わっています。その筋肉の動きによって近くのものや遠くのものにピントを合わせているのですが、スマートフォンなどの画面を見続けることによって筋肉が衰えてしまったり固まってしまったりします。そうなるとピントが合わせづらくなり視力の低下につながります。こういったスマホの利用によって生じる視力低下はスマホ老眼と言われており、年配の方ではなく比較的若い方がなりやすい傾向にあります。現代社会ではスマホの利用はプライベートだけではなく仕事においても必要なツールです。また、職場でもタブレットやパソコンを使って仕事をしている人が多いので四六時中目を酷使している状況です。こういった電子機器に囲まれた生活を変えていくのは難しいですので、各自で目を休ませるなどの対策が必要です。スマホ老眼のように目の機能が一度低下してしまうと元に戻すことは非常に難しいです。したがってスマホ老眼になってしまう前から必要な対策は始めていけると良いでしょう。