スマホで老眼になる原因【事前に増えげる対策】

ニュース一覧

使いすぎに注意

スマホ

定期的に休憩をとろう

老眼は加齢によって、目のピント調節をする毛様体筋が水晶体の大きさを変えることができず近くが見えにくくなる症状のことを言います。近くが見えにくくなる結果、肩こりや頭痛などに悩まされることになります。加齢による毛様体筋が硬くなる現象は避けることができません。また、血行不良になることで目に十分に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなります。その結果、毛様体筋だけでなく目の老化を早めてしまうからです。あくまでも、老眼は加齢に伴う症状だったので、悩まされる年代は40代後半以降の人でした。しかし、最近は老眼と無縁を考えられた10代から20代の人がその症状を訴えるようになりました。これらの人はスマホやパソコンを使っている人がほとんどでした。なぜなら、スマホの小さい字やパソコンの文字を凝視し続けた結果、毛様体筋が凝り固まり水晶体の大きさを変化させることができなくなることが原因と判明しました。結果、スマホ老眼と呼ばれるようになりました。さて、加齢に伴う老眼は度数に合わせた老眼鏡をかけることで視力を矯正するしか、見えにくさを改善する方法はありませんでした。症状を改善することはできません。しかし、スマホ老眼は加齢による老眼と違い、症状自体を改善することができます。その改善方法は、最初にスマホやパソコンと目の間に50センチ以上離すようにします。そして、一定の時間スマホやパソコンを使った後は休憩時間を取るようにします。そして、作業中は瞬きを増やすようにします。そうすれば、毛様体筋が凝り固まることがなく老眼の症状を改善することができます。